標的型メール訓練とは何か 2017年2月8日 at 6:23 PM

標的型メール訓練とは何か

最近はメールを使って、詐欺を働こうと思っている人が見られます。
個人に送られることが多いですが、企業にもそのように悪質なメールが送られています。
頻繁に標的型メール訓練を実施していれば、社員全員が悪質なメールが届いた場合でも的確な対応ができるので、被害が起こるとはありません。
中には開封するだけでウイルスに感染してしまうシステムの悪質なメールも存在しています。
件名を見ただけでは通常のメールと大して変わりがないので、間違って開封してしまう恐れがあります。
標的型メール訓練をしていれば、届いた時点で普通のメールなのか危険なメールなのか判断できるようになります。
ですからしっかり実施しておきましょう。
企業に依頼することができるので、難しいこと自分で済ませる必要はありません。
被害が起こってから標的型メール訓練をしていれば良かったと思っても遅いです。
悪質なメールに引っかからないように、対策をするのがポイントです。

企業に標的型メール訓練を任せよう

企業では複数の標的型メール訓練のプランを用意してくれています。
これまでに何度か依頼したことがある人は、どのプランを選択すれば良いのかわ分かっているでしょうしプランを選択する時のポイントも把握していると思います。
ですが、初めて企業に標的型メール訓練を依頼したい場合は、いきなりたくさんのプランを見せられても困ります、その際はスタッフに相談しながら決めるのが最も良い方法です。
自分の会社ではどのくらいの社員が働いているのか最初に伝えてください。
すると人数に応じてピッタリのプランを紹介してくれると思います。
人数が多くなるとそれだけ費用も高額になってしまうことが多いですが、予算を社員の数と一緒に伝えておくと、予算内で収まるプランを紹介してくれることが多いです。
正しい標的型メール訓練を行わないとどうなるのか
また社員が多すぎて費用が大きな負担になる場合は、社員を厳選して標的型メール訓練を実施するのも良いでしょう。
その際誰を選択すれば良いのかもアドバイスしてくれます。

Comments are closed.