私たちの家でも使える!マイホームにペルシャ絨毯 2017年2月6日 at 4:31 PM

私たちの家でも使える!マイホームにペルシャ絨毯

高い芸術性はペルシャ絨毯の大きな魅力ですが、「家のどこに置けばいいの?」、「日本人のオーソドックスな住宅では逆に浮いちゃうんじゃないの?」、という疑問を持つ人も多いと思います。
では、具体的にはどのような場所に用いるのが最適なのでしょうか。
シルク素材の絨毯は、美しい光沢を持つため、光の当たり方によって見え方が変わり、違った風情を楽しむことができます。
また、細かい糸で織り上げるため、複雑な模様もよりはっきり見えます。
一方でウール素材よりも耐久性が劣るため、常に踏まれる敷物として利用するより、玄関マットや壁に飾って観賞用として使用する方が向いているかもしれません。
ウール素材の絨毯は、耐久性があるのはもちろんのこと、油分が含まれているので、踏まれるほどに光沢が出てくるのも特徴の一つです。
飽きが来ずに長く使えるのなら、家族の集まるリビングの敷物として打ってつけではないでしょうか。
また、ペルシャ絨毯は、様々な模様と色合いがあるため、どんな部屋にも合わせやすいという利点があります。
床の色や他の家具との調和が心配になる方も、すでにあるインテリアに合わせたペルシャ絨毯を選ぶことによって、「浮いちゃうんじゃないの?」という不安を解消することができます。
なにせ、ペルシャ絨毯は和室にも合わせることが可能なのです。
仏壇の前に敷いても違和感のない模様や色合いのもの、畳の上全体に敷いて、純和風の雰囲気にうまくエキゾチックな要素を追加できるものもあります。
「高級品だから…」と手をこまねいているのではなく、一度はマイホームにこの絨毯の使用を検討してみるのも、いいかもしれませんね。

Comments are closed.