不貞行為がわかったら慰謝料が先か離婚が先か 2016年11月22日 at 12:41 PM

不貞行為がわかったら慰謝料が先か離婚が先か

男女問わず、不貞行為をした方は、なんらかの形で反省を促されます。
相手の気持ち次第ではもちろん慰謝料を請求されることはあるでしょう。
ただ、当事者同士で話し合っていても、どこか謝ったら許してもらえるだろうとか、いつの間にか言いくるめられてしまったりとか、嫌な思いをさせられた割になかったことにされたりする場合も。
そんなことを防ぎたい場合は、確実な証拠を持って弁護士に相談し、弁護士を代理人として立てて、書面や口頭により実際の請求を起こして、相手に状況を知らしめることができます。
泥沼の形となると裁判というのも考えられます。
こうなれば要らぬ費用や時間がかかりますが、司法判断で慰謝料金額を決めてもらえるので、状況によっては確実に勝ち取ることもできます。
また、不倫の場合、離婚ということが頭に浮かびますが、離婚して得られる慰謝料、養育費を足しても、一緒に暮らして得られる生活費より多くなることはあまり考えにくいことです。
ですから、離婚を決する前に、まず不貞行為による慰謝料をしっかりと得て、その後に離婚するかどうかをゆっくり考えるのもありなのです。

Comments are closed.