東京でダイビングライセンスはとれるか 2016年9月2日 at 4:45 PM

東京でダイビングライセンスはとれるか

ダイビングライセンスに興味があるのだけれど、どうやったら取れるのかその方法を探してみるとツアーや合宿などが多くて、しかし自分は東京にいて仕事が忙しく、なかなかまとまった時間がとれないから悩んでいる、などという人はもしかすると意外と多いのではないでしょうか。
しかし、合宿ではないかたちでライセンスが取得できるとしたらどうでしょうか。
そういうプランがあれば、ライセンス取得のために時間をやりくりしなければいけないということもありません。
もちろん、規定の日数をスクールでこなさなければ、ダイビングライセンスは取得できません。
しかし、取得しようとする人のレベルや経験、そしてシチュエーションに応じて、それぞれに合うような様々なブランをダイビングスクールは用意しています。
東京都内にあるダイビングスクールは、平日と週末とを問わずに毎日プール講習や実際に潜るツアーを開催することで、通いながらライセンス取得できるように工夫しているのです。

ダイビングライセンスを東京のスクールで取得

プールや海に潜ることは、ダイビングライセンスを取得するために必修です。
問題は、どこの海に潜るかということです。
東京にあるダイビングスクールでは、学科講習や試験などは都内のスクールで受けることができ、実習には近隣のダイビングプールで行い、海洋実習は神奈川や静岡の海にいって行う、というところが多いようです。
海洋実習をするために交通費がかかるという心配をしなくてもよいプランを設けているスクールもあります。
たとえば、海洋実習については行う場所までの送迎をスクールが負担するというところも出てきています。
つまり、東京にいながらダイビングライセンスを取得することが可能だということです。
スクールによっては、例えば週末の3日間をつかって一気にライセンスを取得するプランもありますが、人によっては土日にまるまる休みをとることが難しい人もいます。
そういう人でも取得できるように、平日でも無料送迎バスを出すスクールが増えてきているのです。

ダイビングライセンスの費用を調べてみた(東京編)

東京都内にいながらダイビングライセンスを取得することはできますが、なんといっても問題はその費用です。
ライセンスを取得するためにはどういう費目があるのでしょうか。
まず学科講習をうけるその講習費や教材費がかかります。
実際に潜るために、プール実習費や海洋実習費がかかります。
一泊すれば宿泊費や食費がかかりますし、スイムスーツなどのレンタル代をとられることもあります。
このように上げていくとお金がかかりそうなイメージを抱きがちですが、決してそうではありません。
それに海の中で命を落とすこともあるのですから、ダイビングライセンスの取得については安全をしっかりと考慮する必要があります。
それは東京であろうと他の場所で取得しようと変わりがありません。

およそかかる費用はトータルで4万円から6万円というところでしょうか。
宿泊を兼ねて集中的に取得するプランは比較的安く、何日かに分けて通うことで取得する場合は、やや高めに設定されることが多いようです。

Comments are closed.