さまざまな技法で独特の美しさを持つ着物をもつ京都きもの友禅 2016年8月28日 at 1:09 AM

さまざまな技法で独特の美しさを持つ着物をもつ京都きもの友禅

日本の伝統美でもある着物。
京都きもの友禅にある数々の着物も伝統の技術を受け継いだ職人がその技術を発揮したモノが揃っています。
例えば、手絞り刺繍。
手絞りは布を1本1本の糸でくくり、染め上げる独特の技法です。
非常に多くの手間がかかるため、高価な技法と言えます。
仕上がった布は、特有の立体的でボリューム感のある鹿子模様になり、手絞りの大きな特徴となります。
そのうえで刺繍を施すことにより重厚感と華やかさを与え、伝統美の象徴としてふさわしい着物になるのです。
また京友禅も日本を代表する伝統工芸。
古典的な絵模様や鮮やかな色合いなど伝統的な技法で作り出す華麗で優雅な雰囲気が特徴です。
こうしたさまざまな伝統技法を施した着物も、顔が映える色となると人それぞれ。
実際に着てみないと良し悪しがわからないものです。
京都きもの友禅では、コーディネーターがついて、あなたに合う着物をチョイスしてくれます。
あなたにピッタリな着物が選べるように、早めにお店にいくことをオススメします。

Comments are closed.