オフィス業務にすこぶる便利!電話代行というサービス 2016年8月25日 at 12:40 PM

オフィス業務にすこぶる便利!電話代行というサービス

企業にとって、顧客からの電話に対応するのも重要な業務のひとつです。
しかし、電話応対にばかり時間をとられてしまうと、肝心の本業がはかどりませんよね。
そんな時におすすめなのが電話代行サービスです。
秘書代行サービスともよばれる本サービスを利用すれば、電話応対などを外部委託することができます。
仕組みはとてもシンプル。
顧客からの電話はすべて代行会社のコールセンターに転送され、専門のオペレーターが直接対応してくれます。
応対の内容はあなたの会社に電話やEメールで送られるので安心です。
電話代行サービスを利用することで、その企業は社会的な信頼を得られます。
いつ電話してもなかなかつながらない会社は顧客からも信頼されません。
コスト面で考えても、電話代行サービスはお得です。
電話応対にかかりきりの社員を数人置くよりも、代行会社に委託したほうがはるかに安くおさえられます。
一定期間は無料で利用できるところもあるので、コストとベネフィットを慎重に吟味したうえで、業務内容に合った代行会社を選びましょう。

電話代行の必須スキル!敬語をきちんと使いこなそう

社会人として常識ともいえる敬語のスキル。
大人としての敬語を使いこなす能力は、電話代行でももちろん欠かせません。
上司に「さん」をつける人が時々いますが、もちろんこれは減点です。
敬称が必要なのは社内でのやりとりだけで、取引先などに対しては敬称をはずすのが原則です。
尊敬語と謙譲語の区別もきちんとつけておきましょう。
なさる、召し上がるなどのように、相手の立場を上げて敬意を表すのが尊敬語。
申す、いただくなどのように、自分の立場を下げるのが謙譲語です。
「弊社の課長がおっしゃっているように・・・」と、尊敬語と謙譲語の区別ができていない人は、社会人として半人前と見なされてしまいます。
二重敬語表現も、場合によっては不快感を与えてしまいます。
たとえば、「おっしゃられる」は本来「おっしゃる」だけで敬語として成立しているため、まわりくどい表現になっています。
丁寧さが増す表現として肯定されつつありますが、今のところは使わないほうがいいでしょう。
丁寧すぎる表現といえば、美化語の乱用も気になります。
御電話、お車などのように名詞におや御をつけた言葉を美化語といいますが、最近では「おビール」という風に本来美化語にできない名詞にまで「お」をつける風潮があり、ビジネスの場でも広がっています。
電話代行のやり方
原則として、外来語は美化語になりません。
敬語のマナーを身につけて、電話代行会社で働きましょう!

Comments are closed.