日本と世界の自動販売機のあれこれ 2016年4月11日 at 9:30 PM

日本と世界の自動販売機のあれこれ

よく外国の人が口にするという「なんで日本にはあんなに自動販売機があるんだ?」というセリフ。
ちなみに、外国人が日本で見て一番驚いたのはアルコールを時間制限付きで売っている自動販売機なのだそうです。
一番大きい理由としては、日本の治安の良さがそうさせているということですが、では、世界に自動販売機というものは存在しないのでしょうか?いや、そうでもないようです。
ここでは世界の自販機を簡単にご紹介。
アメリカのある州では痛み止めにマリファナを使用していて、そのマリファナを売るもの。
同じくアメリカで携帯電話やサッカーボールを売っていたり、またドイツではソーセージ・ハムやパンを売るもの。
中国では上海蟹が売られているとか。
スイスではチーズ、スペインでは牛乳など、それぞれお国柄を感じさせるものが自動販売機で売られているようです。
多分、日本のように乱立している状態ではないと思われますが、日本に売っている飲料よりも単価も高いようなものがたくさんあって、逆に驚きですね。

Comments are closed.