工場の耐震診断は人間の健康診断 2016年4月7日 at 9:30 PM

工場の耐震診断は人間の健康診断

工場の耐震診断…といっても工場に限りません。
オフィスだったり、公共施設だったり、病院だったり、そういった建物の耐震診断は人間における健康診断とよく似ています。
例えば、「どうも腹の調子が悪い」となった時、「腹の調子が悪い理由」は様々です。
もしかしたら胃に穴があいているのかもしれませんし、腸にばい菌が入ったのかもしれません。
飲み過ぎて弱ってるだけかもしれなければ、癌だったなんてこともあるのが人間の体です。
それぞれに対して、お医者さんが「体のどこが悪いですね」と教えてくれます。
工場の耐久度もそれと同じです。
もしも「地震」という建物にとっての最大の病気が来たら、その「体(建物)」は耐えられないかもしれません。

しかし、古くに建設されたものであっても、地震に対するアドバンテージは考えられて作られている訳ですから、よっぽどのことでも無い限り大体なんとかなるものです。
だからこそ建築士というお医者さんが、耐震診断という健康診断をし、悪い部分を見極めて「治療」していく必然性があると考えます。

Comments are closed.