フライパンが壊れてしまいました 2016年4月6日 at 8:12 PM

フライパンが壊れてしまいました

今まで長く使っていたフランパンが、調理後に柄の部分が外れてしまいました。
それだけ長く使っていた、という物持ちの良さを誇るべきなのか、そんなになるまで何故替えかなかったのかと貧乏性に嘆くべきか…。
と複雑な気持ちになりつつも新しいのを購入しなければと思いどんなフライパンが良いのか調べてみることにしました。
今までフライパンは適当に買ったものを使っていたのですが、せっかく買い替えのタイミングなのできちんとしたものを、と思って選んだのが長期間焦げ付かなかったりするものが良いなあ、と思っています。
他にも熱が伝わりやすいものがいいなあ、と考えていると一つのサイトを見つけました。
先に上げた長期間焦げ付かないのは勿論ですが、他にも表面がダイヤモンドコーティングされていて、それが健康にも良いとか。
どんなふうな効果があるんだろうと思いましたら、食材によっては油の量は少量、もしくは油をしかなくてもおいしく焼けるということでした。
これは惹かれないわけがない…と色々商品の説明を読んでいこうと思っています。

長く使っても焦げ付かないフライパン

以前長く利用していたフライパンが壊れてしまい、新しいものを購入しました。
今回購入したフライパンは少しの油、または食品によっては油をひかなくても焦げ付くことが少なく、失敗も少ないんです。
油を少量で済むのでカロリーをカットできるし焦げ付かないということは、洗う時も非常に楽なんです。
今まで使用していたフライパンは油が足りないとスポンジでしっかりと洗わないと焦げ付きや汚れを落とすことができませんでした。
でも今はそんな心配もいりません。
性能が良いと料理をする楽しみも増えてきちゃいました。
私は料理は時々気合を入れてやる、程度のなんですがこの新しいフライパンを購入してからは料理が楽しくて仕方がありません。
次はどんな料理を作ろうか、作ったことない料理をしてみようかなどとレシピを調べたりするのが毎日の楽しみになっています。
料理は食材も大切ですが、調理器具の性能も大切なんだなということを知りました。
今度は何を作ろうかな。

もう一つフライパン購入を考えています

焦げ付かず、ダイアモンドコーティングをしているために油の使用量も減ってとても使いやすくなったフライパン。
新しく購入してしばらく経ちましたが焦げ付きの心配もなく汚れ落ちも良く洗う手間もあまりかかりません。
なので、家にあるフライパンを同じものに買い替えようかな…なんて思っています。
新しくフライパンを買うきっかけになったのは今まで愛用していたものが壊れてしまったからなのですが、この使い心地の良さを味わってしまうと今うちにあるもので調理すると油の量や焦げ付きの心配をうっかり間違ってしまったりすることがあるんです。
新しいフライパンで料理したい
決して今までのものが不良品ってわけではないのですが、やはり使い心地が良いものを使ってしまうとその便利さが際立ちますので。
毎食のご飯に加えてお弁当の用意もしなければならないので、やはり使いやすく洗いものも手早くできるものの方が魅力です。
なので、少しお財布と相談してからサイズ違いの物を買ってみようかななんて思っています。

Comments are closed.