「おっ!面白そう」と思わせるSEO対策 2016年3月31日 at 7:22 PM

「おっ!面白そう」と思わせるSEO対策

私はブログを書いたり、動画を投稿したり、まとめ記事を作るなどをして、ちょっとしたお小遣いを稼いでいます。
俗にいうアフィリエイターというやつです。
日中は別の仕事(工場)で働いています。
空いた時間にちょっとずつ記事を書いたり、会社の休憩時間にネタを書き溜めたりしております。
このネタのためにはスマホが離せません。
そもそも、私の記事を見て頂かないことには、広告収入も、インセンティブも入りませんし、もっというと広告のリンクをクリックしてもらえれば幸いなのです。
もちろん記事自体が面白いかどうかというのも大いに含まれてきますが、記事が面白いということは、読んでもらえないと分からないということで。
面白いかどうかを判断できる人は既に記事を読んでくれているので私の目的は完遂しているわけです。
そりゃリピーターが増えると嬉しいですけども。
そんなことより大事なのはSEO対策です。
SEO対策とは皆が興味を持っているワードを記事の中でたくさん使い、検索した時に上位にランクインする手法です。
言い換えれば「面白そうなコンテンツを匂わせる」ということでしょうか。
焼き鳥屋の前を通った時のような感覚です。
「おっ、いい匂い」と思わせるように「おっ、面白そう」と思わせられればSEO対策は完璧ですね!

WebコンテンツにおけるSEO対策の重要性

今は昔…なんて古典的な書き出しですが、中身は比較的新し目の話をします。
私は現在ブログを書いたり動画を投稿したりといったコンテンツを提供した広告収入でアフィリエイターをやっています。
もちろん見てもらえなければ丸損です。
いえ、コストがかかっていないので損はしておりませんが、タダ働きというやつですね。
数年前にやっていたWebサイトを代行制作する方が「作る=報酬」という実に分かりやすい図式でしたね。
アフィリエイターを始めた時にこのWebサイト制作の経験が役に立ちました。
SEO対策です。
WebサイトやWebコンテンツを制作する際に「検索に引っかかりやすいか」はとても大事な情報です。
大体特定のワードで検索したコンテンツを3ページくらいまで流し見てSEO対策した上でWebサイトを制作していました。
WebコンテンツでいうところのSEO対策は昔ながらの「0120(フリーダイヤル)なんちゃらなんちゃら」というものに似ていると思っています。
分かりやすい番号と語呂合わせで消費者に覚えてもらおうってヤツですね。
そもそも受動的情報収集であるテレビと主体的情報収集であるWebコンテンツなので同列で比較することは難しいですが、テレビでいうところの電話番号語呂合わせはWebコンテンツでのSEO対策なのではと思います。

SEO対策は業者に任せるのもあり

Webコンテンツを制作している皆様!SEO対策、やってますか?私はやっています。
…「ふーん」と言われそうなのでもう少し込み入った話をば。
とても簡単に「SEO対策って?」という話なのですが、それはつまり「検索で上位」に出てくる手法で、SEOワードと呼ばれる瀕検索語句をコンテンツに多く含ませる手法です。
例えば「家具」と言われれば「通販」や「人気」とか、同じ家具の話なのに「カーテン」になると「サイズ」なんかがSEOワードだったりします。
これを最初から独学でやろうとすると中々大変です。
SEO対策を勉強する
特にWebコンテンツにおいては「流入数」や「流入元」というものがあります。
「あなたのサイトにはここから経由で来た人が多いですよ」というものですね。
そういったWebコンテンツに関わるデータを読み解くという作業が待っているわけで、結構難儀なものなのですが、このデータ読み取りの部分を代行してくれる会社があるんです。
私のような閲覧数が報酬になるタイプだとそこらへんもコストカットのために自分でやるのですが、例えば法人Webサイトだとサイトのコンテンツや見てもらったかといったデータは広告コストとして、直接生産をしないものなので、SEO対策をお願いする会社や法人団体も結構あるようですよ。

Comments are closed.