SOHO向けの賃貸オフィスの探し方 2016年3月18日 at 2:28 PM

SOHO向けの賃貸オフィスの探し方

SOHOに使う賃貸オフィスを探したいけどネットで検索すると普通の賃貸オフィスばかりでSOHOには使いづらいことがあります。
事務所タイプの賃貸オフィスでは広すぎな物件が多く、かといって生活臭が満ち溢れているマンションなども避けたいです。
そのいいとこどりをしたのがSOHOオフィスです。
物件によっては住宅兼事務所で使える間取りになっているものもあります。
例えば玄関を入って左右に部屋が分かれていてドアを閉めておけば完全に住居部分は見えない間取りになっているものです。
しかもトイレなど来客が使えるように事務所側に配置されているものだと生活臭が出なくてお客様にも信頼感が出ます。
事務所タイプと違う点は金銭面にもあります。
まず賃料が比較的安いという事です。
あと初期費用もおさえることができ、退去時にかかる費用も少なめです。
ほぼ、住居用のマンションと変わりないといってもいいほどです。
小規模の事務所を探している人はSOHOオフィスに絞って探してみるのもいいのではないでしょうか。

賃貸オフィスの悩み重複家賃を節約するには

今のオフィスから新しいオフィスへ引っ越しをしようとするときに移転担当者の悩みの1つに重複家賃があります。
これは賃貸オフィスを利用している場合に新しいオフィスを契約して引っ越しが完了するまでに両方の家賃がかかる状態を言います。
できるだけこの無駄な重複家賃を節約できるような方法で引っ越しをしたいものです。
そこでおすすめなのがフリーレント物件です。
フリーレントとは家賃がかからないという意味で、例えば最初の3か月は家賃無料で貸しますという物件のことです。
フリーレントの賃貸オフィスを契約して家賃無料の期間内に引っ越しを終わらせてしまえば家賃が重複することがなく無駄な出費を抑えられてとても便利です。
失敗しない賃貸オフィス選び
ただし注意しておきたいのは多くのフリーレント物件は契約期間が設定されています。
通常だと契約期間は好きな時に解除できますが、フリーレント物件では必ず契約しておかなければならない期間があり、期間内に契約を解除しようとすると違約金を払わなければならなくなるので気をつけましょう。

Comments are closed.